No- 3      5月 11日 (水)   晴  参加者35名(内・局1名)

神奈川県・横浜市ともコロン感染者の拡大がやや収まり気味な状態。横浜市(水道局)・道志村とも連絡を取り、感染予防対策をしながら活動を実施しております。

天候も不安定な日々が続いておりますが、今日は快晴に恵まれ

絶好な作業日和となりました。道路状況も平日の往復とも順調に走行が出来横浜解散場所には、何時もより早く(18:05)には横浜西口で解散が出来ました。



No- 2      4月 22日 (金)   晴  参加者37名(内・局1名)


No- 1       4月  9日 (土)   晴  参加者41名(内・局2名)

関内駅前集合場所

年初初式(ストックヤード前)

1班作業風景

 

 

 今年度初めての活動日は、コロナ感染予防に充分に配慮して実施。関内駅前の集合場所に三々五々集合され検温済ませ、受付をして班別の名札を受け取り、快晴に恵まれ初日の活動に胸を躍らせてながら手指の消毒を済ませ2人掛けの座席に1人づつ座り千鳥の座席となり、間隔を開け感染予防の被膜防止地策をしてバスに乗車。

車内では大声を出さない、飲食をしない、を守りながら乗車。

 インストラクターグループは乗車前に朝のミーティングを開始し、

今日一日の作業の安全を確認打合せ実施。

今回は欠席者無しで参加予定者全員早めに集合され予定の8時出発を10分前に関内を出発。

 途中横浜IC 入り口付近から東名高速合流点まで渋滞。道志村到着が遅れるのではないかと心配されたが、大和トンネル付近から順調に流れ出し順調に進行しました。

 途中道志道では車窓から霊峰富士山が雪で真っ白な姿が望まれた。

 道志水源林管理所10:30到着予定が15分遅れで到着。

帰路は、15:30水源林管理所を出発  、道の駅どうしに立ち寄り、途中海老名SAでトイレ休憩をして、18:30に横浜西口で解散後、関内駅前で最終解散をしました。


 水源管理所で身支度を終え、ストックヤードで班毎に作業道具を分担しヘルメット・手鋸・大鋸・はまっこどうしのペットボトルを各自準備して班ごとに並び待機。

 今期活動初め式で村居理事長・小川水源林管理所長・鳥山広告課長3氏のご挨拶で、各班所定の作業現場に向かった。

1班(11名)、2班(8名)、3班(8名)、4班(8名)、5班(6名)

合計(41名∔現地指導員4名)で各エリアで活動を実施。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


1班活動

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


M班活動風景

M(チェンソー)班




  横浜市水道局と協働での

道志水源林の森林整備活動

 ボランティア事業団体

NPO法人 道志水源林ボランティアの会

〒231-0031 横浜市中区万代町3-5-8

 大久保ビル402号

TEL/FAX        045-664-3972 

      Mail   certe@doshi-suigenrin.jp

   活動参加 受付時間:  3月下旬~11月上旬 毎週火・木曜日 13:00~16:00

           11月~  3月中旬 毎週火曜日の     13:00~16:00

休日・ゴールデンウィーク・お盆の週・年末年始・活動日を除きます。

                                                                   

                        **** ホームへ ****